出会い系アプリでママ活をして食事に行った経験

出会い系サイトでママ活を始める

出会い系サイトでママ活を始める話を聞いて食事と思ったらお小遣いをもらった同僚に見せつける彼氏役のケース

自分は20歳の大学生で、地方の実家を離れて関西圏にある有名私立大学に通っています。
仕送りだけでは生活費が不足するのでアルバイトをしていますが、空き時間を有効活用するためにママ活を始めました。
ママ活のやり方は友人に教えてもらい、初めて出会った女性と食事デートをして食費を浮かしてお小遣いをもらうことができました。
その後も何人かの女性と一緒に食自分はママ活のアルバイトと割り切っているので、相手の女性の容姿や年齢は一切気にしないことにしています。
友人に教えてもらった出会い系サイトに登録をして、掲示板で食事デートの募集をしました。
出会い系サイトの掲示板に似たような書き込みをする男性がたくさんいたので最初は全然返信がありませんでしたが、根気強く書き込みを続けたら1人の女性がメッセージを送って来ました。
メッセージを送ってきたのは自称30代後半の女性で、ご主人が小さな会社の経営者でお金は余裕があるそうです。
ご主人は会社の社長さんなので家に滞在する時間が短くてあまり構ってくれない、と愚痴を言っていました。
何度かメッセージ交換をしてお互いのことや趣味についての話をして親しくなり、食事に行くことになりました。
顔写真を送ってもらいましたが、少し太り気味でかわいい感じの女性でした。
相手の女性は食べることが趣味だそうで、1人で遠くの方にある安くて美味しいお店に行くこともあると言っていました。
ご主人が出張の時に一緒に夕食に行くことになり、お店の近くの駅前で待ち合わせをすることになりました。